お知らせ

News Releases

2019.07.08

実践研究レポート報告会を開催しました。

 7月4日に平成30年度大垣市社会福祉事業団実践研究レポート報告会を開催しました。

 このレポート報告会は平成30年度に職員が自己研鑽のために行った実践研究を報告するものであり、
「足浴が及ぼす、下肢の浮腫みへの効果」
「柿の木荘における意思の決定について」
「新人職員の働きやすい職場環境の構築について」
以上、計3施設の報告を行いました。

 どの研究も今、それぞれが考える課題を研究し、改善方法を導き出す、素晴らしいレポートでした。
 
 実践研究に取り組むことで、課題の洗い出し、研究方法の検討、結果からの考察と、自ら考え判断し実践する力を養うことができます。この研究活動を続けていくことで、職員の資質向上、利用者様への支援の質の向上に繋がるよう努めていきます。